menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
share:
  1. top/
  2. Column/
  3. 仕事も遊びもはかどる「軽トラ」のススメ
Column

働くクルマの新しいカタチ

仕事も遊びもはかどる「軽トラ」のススメ

author: 早坂 英之date: 2021/06/21

働くクルマの代表格軽トラは、遊びクルマとしても超優秀! 荷台にキャリアを付ければ、ハンモックだって楽しめちゃう。おうち生活の遊び場にもなるスーパーカー、いざとなったらこのまま移動もできます!

三菱 ミニキャブトラック 4WD MT 2013年式 中古価格:81.4万円(平均)バー エフクラス/ハードカーゴ キャリア 価格:10万7800円 バスケット エフクラス/ハードカーゴ バスケット 価格:3万1900円

Beyondのディレクター、早坂のクルマは三菱の『ミニキャブトラック』。日本全国で走っている“働く”軽自動車だ。これまではこの軽トラで新車の試乗会に行ったり(目立つ)、アウトドアの撮影に行ったり(馴染む)、仕事はもちろん、遊びにも使ってきた。緊急事態宣言中は外出することが少なくなったので、ミニキャブトラックの出動はほぼ無し。ならばと、軽トラの荷台に取り付けたハードカーゴ キャリアにハンモックチェアをセットして、即席のブランコにしてみた。

ENO Lounger Hanging Chair 実勢価格:1万6500円 軽量かつタフなハンモックで有名なENO(イーノ・Eaglesnest Outfitters)。このチェアは、フットレスト、枕、ドリンクホルダーまで付いている。

選んだのはENOの『Lounger Hanging Chair』。ハードカーゴ キャリアにジャストフィットし、その様はまるで純正品のよう。ハンモックチェアの耐荷重は約113kgなので、大人が乗っても問題なし。図らずも我が家に誕生した軽トラ公園。今はブランコだけだが、「ハンモックチェアが付くならアスレチック用のスイングやラダーもいけるのでは? 3面にコンパネを固定して、ボルダリングのホールドをセットすればクライミングウォールにもなるかも」など、アイデアは尽きない。

時折り軽トラの外に飛んでいきそう…なぐらいスイングする子どもたち。ブランコがある家ってなんか特別! な気がする。軽トラ×ハンモックでも。
軽トラの前にテーブルセットを置いて、仕事をしたりマンガ読んだり。

ハンモックチェアを取り付けたことで、自然と家族が集う場所となった軽トラ。ブランコ代わりに遊ぶ子どもたちの安全を見つつも仕事をするために、オンウェーのスリムテーブルセット/USとイージーハイテーブルを置くと、もうこれでいいじゃん…と思うほど十分な青空オフィスが出来上がった。

座り疲れたら立って仕事する、なんちゃってDJスタイル。カメラのストロボスタンドにプロジェクター用のテーブルをセット。その上にノートパソコンを置いている。

この軽トラは青森の実家で、リンゴ農家の働くクルマとして使われてきたものを譲り受けたもの。東京に来て、まさかブランコが付いた遊び場になっているとは夢にも思うまい。その軽トラのポテンシャルを十二分に引き出しているのがハードカーゴ キャリア。木材やハシゴのような長い荷物の運搬ほか、よじ登って遊んだり(自己責任)、ハンモックを取り付けたり(メーカー想定外)と非常に優秀。オプション品の幌を付ければ仮眠スペースだってできちゃう。どの軽トラにも取り付けることができるので、働くクルマの利活用を考えている人におすすめ◎。


author

編集者・Beyondディレクター
早坂 英之

モノレビュー誌の副編集長・副部長職を経て2017年に独立。現在はネイチャー&ライフスタイル誌の編集部に常駐として在籍する傍ら、アウトドア好きが嵩じて世田谷区上野毛に自然派なアイテムを取り扱う「Brilliant Market(ブリリアントマーケット)」をオープン。
contactcompany&staffadvertisingterm of useprivacy policy
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.