menu
close
loading...
Special特集
close
Tags
share:
  1. top/
  2. Review/
  3. 第5位:90秒でムラなく焼けるスピードが魅力!シロカ「すばやきトースター」
Review

石井和美の家電やりすぎ比較レビュー<トースター>

第5位:90秒でムラなく焼けるスピードが魅力!シロカ「すばやきトースター」

author: 石井和美date: 2022/06/19

パンを美味しくトーストできるトースターは、高級路線が人気だ。食パンのトーストは、トースターによって焼き加減が大きく変わる。外はサックリ、中はふんわりと焼ける高級トースターは人気が高い。そこで注目の5台を、プロ家電レビュアーの石井和美さんに比較してもらった。どれも売れているモデルだけあって、単にトーストするだけではなく、自動調理や温め直しが得意な高機能製品も多い。今回のテストでは、基本的な食パンのトースト、冷凍した食パンのトースト、ロールパンの温め直しなどを中心に行った。なお、トースターにはポップアップ式とオーブン式があるが、今回はオーブン式で2枚焼きの注目モデルを選んでいる。

「食パン」では、6枚切りの食パンで、焼きムラのチェックや食感などを検証した。

「チーズパン」では、6枚切りの食パンに溶けるチーズを載せて焼く。チーズが溶けて、裏面と表面のムラがないかをチェックする。

「冷凍パン」では、凍らせた6枚切りの冷凍食パンを加熱。冷凍パンモードがあるトースターは専用モードを使う。

「バターロール」では、焦げ目をなるべくつけずにふんわりと温まるかどうかをチェック。

「操作性」では、操作部の使いやすさ、パンの取り出しやすさなどを確認する。

「オリジナル機能」では、ほかにはない便利な機能をチェック。調理をしてみて、手軽にできるかどうか確認する。

食パンのトーストは1分半で焼き上がる

Brand シロカ

Item すばやきトースター ST-2D351

price 1万7800円

spec
外形寸法:幅350×奥行320×高さ230mm
質量:4.8kg
定格消費電力:1400W

「すばやきトースター」の特徴

独自技術「炎風テクノロジー」により、高火力ですばやく焼き上げることができる。ヒーターの立ち上がり時間は2秒。高火力で表面をすばやく焼き上げることで、パン自体がもつ水分を内側に閉じ込める。一般的なトースターと比べてパン中心部の水分含有率が2倍になり、表面はサクサク、中はモチモチの食感に。

外気温によって温度が下がりやすい庫内の側面付近は、ヒーターコイルの密度を高めて熱量を上げているため、熱が均一に行き届き、ムラのないトーストを実現。庫内が高く、厚いパンや焼き芋にも対応。食材に合わせて温度管理するオートモードで、焼き加減のむずかしいメニューもおまかせでできる。

「食パン」

1分半で、ムラなく焼けた。ただ、他社と比較すると少し焼き色が薄い
裏側もムラがなく、表面と同じように焼き色はうすめ
ミミなどは焦げめがついていないので、全体的にふんわりとした仕上がりだった

「チーズパン」

食パンのときよりも全体的にこんがりと焼き色がついている。こちらはミミの香ばしさを実感できた

「冷凍パン」

冷凍トーストモードで3分。時間は早いが、他社と比較するとかなり白っぽい印象
中心温度も41.6℃と低いところも気になる

「バターロール」

クロワッサンモードで4分。表面もうっすら焦げめがつく程度で、全体的にふんわりと焼けている
52.6℃で、中もしっかり温まっている

「操作性」

つまみを回して設定する。直感的な操作で迷わずできる
庫内が広いため、パンなどの出し入れがしやすい

「オリジナル機能」

流行りの焼き芋モードも。約30分でホクホクに仕上がる。庫内が広いので背が高いトーストも得意

短時間で焼けて焼きムラがない
庫内が広く、さまざまなパンに対応



シロカのトースターは短時間で焼けるのはもちろん、表も裏も焼きムラがほとんどない。温度が下がりやすい庫内の側面付近は、ヒーターコイルの密度を高くして庫内を均一の温度に保てる仕組みで、どこに置いてもムラができにくい仕組みになっている。きれいに端から端まで均一に焼けるため、どこを食べてもサクッとした食感を楽しめる。見事な焼き加減だ。

自動モードもあるので、おまかせで制御してくれるのも便利。ただ、常温パンのトーストや冷凍パンのトーストは、他社と比較すると白っぽい仕上がりになる。焼き上がりは好みにもよるが、特に冷凍食パンが気になった。焼き色は変更できるので、もう少しキツネ色のこんがりしたパンにしたい場合は、設定を変更してほしい。

ロールパンは少し焦げ目がついてしまったが、中は50℃以上でアツアツ。チーズパンに関しては焼き色が全体的にこんがり焼けており、裏側が特に濃かったので香ばしさを感じられた。

トースターとしては庫内が広いので使いやすい。網も前に大きくせり出し、庫内の高さがあるので手がぶつかることなく安全に取り出せる。操作性がよく誰でも問題なく使えるのも好印象。窓が広く、途中で中身の確認もしやすいため、惣菜パンなどを調理する際も中の様子を見ながら調整できる。

同トースターは短時間で焼くことができ、操作も簡単。出し入れもしやすいため、忙しい朝に短時間でパンを焼きたい方におすすめだ。短時間で焼けるので中の水分も逃げにくく、パサついた感じはない。表面はサクッとしている。標準の焼き色では少し白っぽいが、そこは焼き色を変えることでカバーできる。オリジナルメニューは、独自性のあるレシピをもう少し増やしてほしいところ。 朝は食パン派で、少しでも短時間で加熱したいという方におすすめしたい。


author

家電プロレビュアー
石井和美

家電をレビューするため「家電ラボ」を開設、小物家電から冷蔵庫や洗濯機などの大型家電のテストも行っている。製品レビューや家電についての解説はWEB、雑誌、ラジオ、テレビなどで発信している。ライター、家電コメンテーター、家電コンサルタント。
contactcompany&staffadvertisingterm of useprivacy policy
Follow us!!
Copyright © Connect Beyond. All Rights Reserved.